親名義の車を引き継ぐ際、自動車保険の等級は引き継げるのか?

親名義のものを譲ってもらう時自動車保険の等級は引き継げるのでしょうか。
長年無事故の親の等級が引き続ければ保険料も安く抑えられることができそうです。
親から譲り受けた際の等級についてご紹介します。

結論から言うと親子間で等級の引き継ぎが可能です。
しかし、引き継ぎにはいくつかの条件があります。
引き継ぐ者が契約者の配偶者であるか、同居の親族、配偶者の同居の親族のいずれかの関係にある必要があります。
なので同居している親子であれば等級の引き継ぎができるということです。

等級の引き継ぎをする為には手続きが必要となります。
申請を行い、保険の名義変更をします。
その際に親名義で新規の契約を結べば等級の引き継ぎは完了となります。

等級の引き継ぎを行うことによって保険料はぐっと安く抑えることができます。
例えば18歳の子供が保険に加入する場合、全年齢補償という年齢条件の為保険料は高めになります。
また、新規加入車は6等級からスタートします。
保険会社によっては割増料金がかかることがあります。
しかし親から等級を6等級以上の等級を引き継ぐことによってこの割増料金をカットできる可能性があります。

しかし、等級を引き継げるのは同居の親子の場合です。
別居する予定があるのであれば、名義変更を行う必要があります。
この場合等級の引き継ぎはできないので注意しましょう。

まだ同居しているのであれば等級の引き継ぎができるケースもあります。
別居前に等級の引き継ぎと保険の名義変更を行うというのも一つの手段です。
また、結婚の予定があるのであれば、親と同居中、婚姻届け提出前に引き継ぎ手続きを行うとスムーズに引き継ぐことができます。

親からの等級を引き継ぐことによって、新規加入するよりも保険料をぐっと抑えることができます。
まだ、親と同居しているのであればこれを活用しない手はありません。
しかし、等級の引き継ぎには様々な条件があるので条件を満たしている間にスムーズに引き継ぎ手続きを行うなうのがポイントとなります。自動車保険安いのはどこか探してみましょう。